求人広告の性別制限に注意!法律内容とNGワード、認められる例外とは

この記事は、パーソルキャリアの「anレポート」に掲載されたものをご紹介しています。

どんな人材が欲しいかを記載する求人広告。実は法律によって文面が制限されているのをご存知でしょうか?今回は数ある制限の中でもとくに「性別制限」について解説します。NGワードや性別制限が認められる例外、記載方法など実践的知識をご紹介。これを機会に法律を意識した記載方法を実践してみてください。


求人広告の性別制限に注意!法律内容とNGワード、認められる例外とは

求人広告で性別や年齢を制限してもいいのか?

結論から言うと、求人広告で「性別」や「年齢」を制限することはできません。それぞれ、雇用に関する以下の法律により制限の禁止がされています。 


「差別の限定禁止」に関する法律 

事業主は、労働者の募集及び採用について、その性別にかかわりなく均等な機会を与えなければならない

男女雇用機会均等法(第5条)

上記条文で定められている通り、事業主は原則、性別を材料に雇用時に差別を行うことが禁止されています。そのため、求人広告においても性別について制限をかける情報は掲載できません。「女性歓迎」などの間接表現も性別制限とみなされる場合もあるので注意しましょう。

「年齢制限」に関する法律

事業主は、労働者がその有する能力を有効に発揮するために必要であると認められるときとして厚生労働省令で定めるときは、労働者の募集及び採用について、厚生労働省令で定めるところにより、その年齢にかかわりなく均等な機会を与えなければならない。

「雇用対策法」(第10条)

年齢については2007年10月1日より施行された改正雇用対策法(第10条)により禁止されています。求人広告においても一部例外を除き、年齢に制限をかけることはできません。ただし「満18歳未満の深夜業の原則禁止」(労働基準法61条)など、法律で定められた年齢制限は認められています。


性別制限に該当する募集・採用一覧

法律により性別の制限が禁止されているとわかりました。しかし実際にどのような求人情報が性別制限に該当するのか気になりますよね。下記は具体的にどのような求人情報が性別制限に該当するのかをまとめたものです。

  • 募集・採用の対象から男女のどちらかを排除する
  • 募集・採用の条件を男女で異なるものにする
  • 能力や資質があるかどうかの判断基準や方法を、男女で変える
  • 募集・採用で男女のどちらかを優先する
  • 求人情報の提供について、男女で取り扱いを変える

上記のような内容は、男女の排除に働いているとみなされ、性別制限に該当してしまいます。求人情報を作る際には「男女どちらかの性を排除する方向に傾いていないか?」を常に念頭に置くことが重要です。


使用NG!性別制限にあたる求人広告例

具体的にどのような求人広告が性別制限とみなされるのでしょうか?実際の文面を参考に法律に違反しない求人情報作成に役立ててみてください。


続きはパーソルキャリアが運営する「anレポート」で


公式アカウントをフォローして
記事をチェックしよう

この記事を書いた人

an report編集部

「anレポート」では、アルバイト・パートの募集から採用、面接、定着、育成まで全てのシーンで役立つナレッジや他社事例、専門家の声、市場データなどを雇用主様向けに定期的に発信しています。

カルチャー採用で“びっくり離職”をゼロに――AIが可視化する、採用の選択肢

次回更新をお待ち下さい。

「短く伝え、説得する力」をマスターする

これ以前の投稿はありません。

関連記事

トピックス for 人事ページに戻る