【雇用主必見】働き方改革関連法とは?内容と施行時期、対応策を解説

この記事は、パーソルキャリアの「anレポート」に掲載されたものをご紹介しています。

働き方改革関連法が2019年4月から順次施行されます。しかし何が変わるのか、何をしたらよいかわかない人も多いのではないでしょうか。今回は、企業・店舗の方向けに、「働き方改革関連法の概要や目的」「施行にともない企業と店舗が対応すべき項目」を紹介します。


【雇用主必見】働き方改革関連法とは?内容と施行時期、対応策を解説

働き方改革関連法とは

「働き方改革関連法案」(正式名称:働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案)の成立により、2019年4月から関連法案が順次施行されます。

「働き方改革」は、働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、働く方一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指しています。

*参照:「働き方改革」の実現に向けて


「働き方改革」とは、主に次の5つのような改善を目指す、労働制度の改革のことです。

  • 生産性の向上
  • 長時間労働の改善
  • 同一労働同一賃金
  • 多様な働き方の実現
  • ワークライフバランスの充実

つまり「働き方改革関連法案」は、この「働き方改革」を実現するために、労働に関わる法律の改正をする法律なのです。

働き方改革関連法の施行背景と目的

なぜ「働き方改革」がここまで重要視されているのでしょうか。そこには、日本の「労働力人口の減少」が関係しています。(労働力人口とは、通学者・高齢者などは除く15歳以上の「就業者」と「完全失業者」を合わせた数を指します。)

出典:総務省 日本の人口推移

日本はいま総人口そのものが減少しています。現在の減少ペースでいくと、日本の総人口は2050年には1億人を切り、2060年には8600万人まで減ると予想されています。

人口減少のなかでさらに深刻なのが、労働力人口の減少です。労働力人口は1995年ごろにピークをむかえ、その後減少を続けています。2010年の段階では約8000万人いた労働力人口は、2051年には5000万人を切り、2060年には4400万人ほどになると予想されています。 

働き手を確保しなければ国内全体の生産性、国の力そのものが低下してしまいます。そのため個々の生産性を増やし、女性・高齢者など、より多くの人が働ける施策として、「働き方改革関連法案」が成立しました。


働き方改革関連法の概要と施行時期

「働き方改革関連法案」は2019年4月から順次スタートします。しかし、どのような法案があるのか知らないかたも多いのではないでしょうか。今回はアルバイトやパートなどを雇用する店長が知っておくべき法案に重点を置き、概要や施行時期、罰則のあり・なしを解説します。


続きはパーソルキャリアが運営する「anレポート」で


公式アカウントをフォローして
記事をチェックしよう

この記事を書いた人

an report編集部

「anレポート」では、アルバイト・パートの募集から採用、面接、定着、育成まで全てのシーンで役立つナレッジや他社事例、専門家の声、市場データなどを雇用主様向けに定期的に発信しています。

「労働時間を短くするよりエンゲージメントを高める」アトラエの考える働き方改革

次回更新をお待ち下さい。

無駄なコストが減りクリエイティブは加速-新しい組織は事業にシナジーをもたらすのか

これ以前の投稿はありません。

関連記事

トピックス for 人事ページに戻る