「僕らは新しい組織を目指したわけではない」階層フラット・情報オープンを実践する企業のリアル

この記事は、パーソルキャリアの「ダイレクト・ソーシング ジャーナル」に掲載されたものをご紹介しています。

「ティール組織」「ホラクラシー組織」をはじめとして広がる、新しい組織のかたち。2つの組織体系の傾向にあるのは、情報のオープン化と組織階層のフラット化です。しかし、マネジメントなくして成果は本当に出るのか?また、給与情報など全てをオープンにすることは可能なのか?といった疑問も、同時に浮上してきます。

このような問いに答えるイベント「実践企業5社の経営陣が語る | “新しい組織”のリアル」が2019年2月12日、自然経営研究会によって開催されました(当日は4社参加)。「新しい組織運営」を実践する企業への実態調査結果や、パネルディスカッションを通じて、”新しい組織のリアル”に迫りました。本イベントを前編と後編にわけてレポートします。

※本記事は、『「新しい組織運営」の実践企業の実態調査』および、パネルディスカッション第一部『”新しい組織”への転換の進め方』の内容を編集、まとめたものです。


「僕らは新しい組織を目指したわけではない」階層フラット・情報オープンを実践する企業のリアル

ティール組織は1980年代から存在した

最初に、実践企業の実態を解き明かすアンケート結果が公開されました。自然経営研究会の代表理事・山田裕嗣さん解説のもと結果を振り返ります。

今回のアンケート調査は「ティール組織、ホラクラシー組織を運営する25社」を対象に実施。25社の企業は開示できませんが、イメージを掴んでいただくにあたって、従業員数を紹介いたします。

(以下、登壇資料は山田氏提供)

回答企業の規模感のバランスを踏まえ、調査の回答結果を「情報公開」「権力・権限」「組織の階層」「新しい組織運営を開始した時期」の4つに分けて紹介します。

まずは「情報公開」に関する調査結果から。

各社とも情報公開は積極的に取り組んでいることがわかります。「コミュニケーション」「財務情報」「経費」に関しては、基本的に非開示のところはありませんでした。さらにいえば、8割の会社は社内のコミュニケーションや財務情報を、7割の会社は経費情報を「全体に公開」しています。 

各社大きな差が出たのは「給与」について。これはすごく興味深い結果ですね。平たく言うと、6割の会社がなんらかの給与情報を開示しているという結果でした。4割の会社が非公開です。前述のコミュニケーション、財務情報、経費と比べると少ない印象ですが、そもそも給与情報は、公開に躊躇されるもの。情報をちゃんと公開するということに、各社真剣に取り組んでいることがわかる特徴だと思いました。

2つ目は「権力・権限」に関する調査結果です。

「アドバイスプロセス」「プロジェクト型」は意思決定権を特定の人に依存させないやり方です。部署がきっちりと決まっているわけではなく、プロジェクトベースで進めている会社が大半でした。各社差が出たのは「給与を当事者が決める」項目で、当事者が給与を決める仕組みを持つ会社が25社中13社あるということ。そして「権限を伴う肩書」の項目も差がでました。「ない」を選んだ組織はより自立的な組織であると言えます。25社のおおよそ半分が、何らかの肩書や部署を持っていない傾向が見てとれます。

3つ目は「組織の階層」に関する調査結果です。

25社中14社が1階層、つまり完全にフラットな組織という結果です。この並びで見ると3階層以上は「多いな」という印象を受けますが、3階層は社長、役員・マネージャー、現場があれば3階層なので、一般的な形態ですね。逆に言うと、3階層以上の会社が25社中4社しかありませんでした。かつ、調査企業の従業員数の全体平均96人に対して、この4社の従業員数の平均は266人。比較的規模の大きい会社が集中したのではないかと推測できます。

最後は「新しい組織運営を開始した時期」の調査結果です。

「創業当初からティール組織、ホラクラシー組織に取り組まれていたんですか?」というのはよくある質問です。結果、最初から取り組んでいたのは9社。ただ興味深いのが、従来のヒエラルキー型ではないマネジメントをしている会社が、創業時80年代、90年代の企業にも存在しました。

「ティール組織」「ホラクラシー組織」は新しい概念だという印象を受けてきましたが、実は昔からあった形態で、近年トレンドとして脚光を浴び始めたのかもしれません。イベントにこれだけ大勢の方(参加者200名)にお越しいただいていることからも、新しい組織形態に対する注目度の高さが伺えます。今後ますます新しい組織の形が顕在化して、各社のチャレンジする姿が見えれば良いですね。


ティール組織は最初から目指すものではない?

続いて株式会社ISAO 代表取締役・中村圭志さんと、株式会社ネットプロテクションズ 執行役員・秋山瞬さんを迎え、新しい組織形態の実践企業のリアルに迫ります。

  • 「組織運営のスタイルは途中から変えられるのか?」
  • 「新しい組織運営は事業を伸ばすことに効果的なのか?」

この2つのテーマを軸にパネルディスカッションが進みました。


続きはパーソルキャリアが運営する「ダイレクト・ソーシング ジャーナル」で


公式アカウントをフォローして
記事をチェックしよう

この記事を書いた人

ダイレクト・ソーシング ジャーナル編集部

「ダイレクト・ソーシング ジャーナル」は、パーソルキャリア株式会社が運営する、採用手法トレンドやハウツー、ナレッジを発信し、人事・採用担当者に『自社採用力』を高めていただくことを目的にしたdodaの採用メディアです。

無駄なコストが減りクリエイティブは加速-新しい組織は事業にシナジーをもたらすのか

次回更新をお待ち下さい。

「企業と社員」を幸福にする福利厚生

これ以前の投稿はありません。

関連記事

トピックス for 人事ページに戻る