「飲食店」を言い訳にしない。スープストックトーキョーが考える、人が集まる会社創り

この記事は、パーソルキャリアの「ダイレクト・ソーシング ジャーナル」に掲載されたものをご紹介しています。

「飲食店」を言い訳にしない。スープストックトーキョーが考える、人が集まる会社創り

社員一人ひとりが、会社の理念を理解し、ブランドの体現者として働く――。言葉にすると簡単ですが、実行するのは難しいもの。 「Soup Stock Tokyo」を展開する、株式会社スープストックトーキョー。2016年2月に株式会社スマイルズから分社した同社は、「世の中の体温をあげる」を理念に掲げています。そして、一人ひとりがその理念を体現できるよう、人事制度や採用手法など抜本的な改革に取り組んできました。その取り組みを牽引してきたのが、取締役副社長 兼 店舗営業部部長の江澤 身和さんです。 アルバイトスタッフからスタートし、店長、エリアマネージャーと現場のキャリアを築いた江澤さんは、分社のタイミングで人材開発部部長に就任。店舗で働いている時から抱いていた危機感から、さまざまな取り組みを進めています。店舗と本社という物理的に距離が離れている中で、どのように制度の改革を進め、ブランドを体現する人を採用・育成してきたのか、具体的な施策のみならず、根底に流れる想いもお伺いしました。


社員が「人の魅力」を誇れない。そんな危機感から、すべては始まった

―2016年、スープストックトーキョー(以下SST)の分社に伴い、江澤さんは人材開発部長として抜本的な制度改革に取かかったと伺っています。そこには、どのような背景があったのでしょうか。

江澤氏:SSTで働いている人に「うちの会社の魅力はどこ?」と聞くと、ほぼ100%「働いている人、仲間」という答えが返ってきます。私もその一人で、店舗時代からずっと“一緒に働く人たちの妥協なく仕事に取り組む姿勢”や“多様な個性がありながらも同じ価値観を持って働くこと”に大きな魅力を感じていました。しかしその一方で、「社員たちが仕事や会社を、胸を張って誇れていないのではないか」という疑問があったんですね。

―それはどういうことでしょう。 

江澤氏:ある時、研修で「自分の友人にSSTをお勧めしてみてください」というワークを行ったところ、「スープが美味しい」「駅から近く、居心地の良い空間がある」など、多くの社員が「商品」「立地」「店舗空間」を一番の魅力として挙げたのです。社内では誰しもがSSTの魅力は「人」だと言っているのに、対外的には「人」以外の要素をお勧めしてしまう。「働いている人たちがこんなに素敵だから、一度お店に食べに来てよ」と言いづらい状態というか。社歴が長く愛社精神が強い社員でさえ、そう答えていたことにショックを受け、このままではいけないと思いました。

―なぜ、外に向けて「人」が魅力だと言いきることができなかったのでしょうか。 

江澤氏:自分たちの接客や行動に、自信を持ちきれていなかったからです。具体的に言うと、「社外の人に誇れるほどの接客ができているのか不安。これぐらいできて当然ではないか」「自分がいるお店に来てもらえればいい接客ができる自信があるけど、他店舗の接客はどうかわからない」などと心の奥底では感じてしまっていた。他の人たちから見て、自分たちの接客がどれぐらいのレベルなのかわからなかったんですね。

その背景には、2つの理由がありました。1つ目は、「自分たちの価値に気付いていない」こと。SSTには、いい仕事をする人を賞賛したり、仲間を大事にしたりする文化があります。しかし、それは自分たちにとっては当たり前すぎて、外から見てどれだけ価値あることなのか、認識できていなかったのです。2つ目は、「ブランドの体現に、バラつきがあったこと」。当社は「世の中の体温をあげる」を理念としていますが、それを一人ひとりがどのように体現するのかは、店舗任せになっている面がありました。「世の中の体温をあげる」という理念を提示された時に、自分たちで解釈して自走できる店舗もあれば、自由であるが故、「どういうことだろう?」と立ち止まってしまう店舗もあったのです。そのため、全社員たちに当たり前の価値に気付いてもらい、そして理念を体現する経験を積んでもらう。そして同時に、他の店舗の取り組みを知ってもらうことで「こうすればいいんだ」と、感じでもらうことも大切だと思ったのです。 

―さまざまな取り組みを行ってこられたかと思いますが、スタッフに自信を持たせるために最も効果的だった施策について教えてください。 

江澤氏:「SSTグランプリ」という、成果発表会ですね。各店舗で体温をあげた取り組みについて発表・賞賛するという、店舗で働くスタッフ全員を巻き込んだ全社的なイベントです。約60店舗のうち、登壇するのは予選を勝ち抜いた9店舗。プレゼンテーションは社員ではなく、アルバイトであるパートナー自身が行います。そして当日は各店舗の社員やパートナー、そしてお取引先やメディアの方など社外の方も来場します。評価の指標は、売上や客数といった定量的なものではなく、「誰の体温を、どのようにあげたか」ということ。オープンな場で賞賛されることにより、「当たり前にやっていたことが、外からこんなに評価されるんだ」と、客観的な視点で自分たちの価値に気付くことにつながっています。

―アルバイトという雇用形態に関係なく評価をされるため、パートナー自身の温度も上がったのですね。 

江澤氏:そうですね。これまでは、“パートナー”として一緒に働くスタッフであるはずなのに、どこか「アルバイト」という概念が抜けてないのでは?と感じる部分がありました。私は、「誰しもがお客様の体温をあげることに全力を注ぐことができる人たち」に魅力を感じて社員になりました。だから自分が店長になったときにも、パートナー全員でいろいろなことに挑戦したのですが、それを会社規模でできたらいいなと思って。

―SSTグランプリは、ほかにどのような効用があったのでしょう。 

江澤氏:「ブランドの体現」においても、SSTグランプリは効果的です。SSTグランプリで各店舗の具体的な良い取り組みを共有することで、立ち止まっていた店舗は「こうすればいいのか!」と学ぶことができます。まずは他の店舗の取り組みを真似るところから始めて、徐々に自走ができるようになる。そして、その取り組みをまた大会でシェアをする…という良い循環が生まれるわけです。互いに良いところを取り入れる切磋琢磨の意識が全店で広がっていますね。

―なるほど。そういった働く人の「自信」を高める取り組みと同時に、働く環境の整備にも取り組んでいらっしゃいますね。

江澤氏:人材開発部に配属になった際、社員にアンケートを取ったことがあって。「SSTの商品を友達に勧めたい」という人は100%ですが、実はSSTを「働く場所として友達に勧めたい」という人の割合は多くありませんでした。「労働時間が長い」「休みが取れない」といった、制度や環境面の壁が立ちはだかっていたんですね。飲食業界で働くうえでは常識というか、みんな諦めていた部分ですね。

たとえ「人」の面に自信を持てるようになっても、「働く環境」がそのままだったら他人に勧めることなんてできません。大切に思っている友人・知人であればなおさらです。そこで、現在では年間休日休暇120日や複業OKといった、飲食店の当たり前を覆すような施策を行っています。

―確かに「飲食店だから、長時間労働や休日が少ないのは仕方ない」と考えがちです。その常識を覆すには、相当なパワーが必要だったと思いますが、なぜそこまで突き進むことができたのでしょうか? 

江澤氏:「世の中の体温をあげる」理念を体現するには、避けては通れない道だったからです。「人がいないから仕方ない」「飲食店だから我慢しろ」と、“当たり前”に無理を押し付けていては、世の中の体温どころか、自分たちの体温が削がれてしまいますよね。働く人がいないという現実があるなら、その現実に一度疑問を投げかけてみる。それはなぜダメなのか、変えることができないのかー。当たり前と向き合い、変えればいいと考えています。


続きはパーソルキャリアが運営する「ダイレクト・ソーシング ジャーナル」で


公式アカウントをフォローして
記事をチェックしよう

この記事を書いた人

ダイレクト・ソーシング ジャーナル編集部

「ダイレクト・ソーシング ジャーナル」は、パーソルキャリア株式会社が運営する、採用手法トレンドやハウツー、ナレッジを発信し、人事・採用担当者に『自社採用力』を高めていただくことを目的にしたdodaの採用メディアです。

次回更新をお待ち下さい。

「失敗の原因は、採用の固定概念」―デジタルベンチャーが、王道の採用手法を取るワケ

これ以前の投稿はありません。

関連記事

トピックス for 人事ページに戻る