社内外の同期が「集団の英知」をもたらす。スタートアップ合同入社式開催の真意とは

この記事は、パーソルキャリアの「ダイレクト・ソーシング ジャーナル」に掲載されたものをご紹介しています。

2019年4月2日、TECH PLAY SHIBUYA(東京都渋谷区)にて、『START-UP 2019 新卒合同入社式』が開催されました。当日はスタートアップ28社と、その新卒入社者50名が参加。参加理由について、各企業の担当者からは「スタートアップでの仕事は険しい道のり。乗り越えていかなければいけないことも多い中、周りの仲間と気持ちを共有できるのは良いことだと思う」(医療系スタートアップ代表)「自社の新卒に『みんなそれぞれに意志があってスタートアップを選んでいること』を知ってほしい」(人材系スタートアップ代表)といった声が寄せられました。

【スタートアップに入社する新卒社員は同期が少ない】という課題に着目し、同イベントを開催した株式会社HERPの庄田氏と、株式会社YOUTRUSTの岩崎氏。実は2人が新卒入社したのは、いずれも大手企業でした。多くの同期とのつながりを持っていた彼らに、今回のイベントを行った背景、そして彼らが考える「同期」という存在の強みについて話を伺いました。

社内外の同期が「集団の英知」をもたらす。スタートアップ合同入社式開催の真意とは

合同入社式開催のきっかけはインターン生の入社だった

――あらためて「スタートアップ合同入社式」開催の経緯を教えてください。

岩崎氏:弊社の新入社員である堀内について、ブログを書いたことがきっかけでした。YOUTRUSTの新卒入社第1号であり、もともとはインターン生として働いてくれていたんです。彼女は自分の脳みそで考えて動ける、とても優秀なメンバー。「YOUTRUSTに入社してほしい」と思いながらも私から彼女を誘っていなかったのは、同期がいないからでした。

同期というのは本当にかけがえのない存在なんですよね。実はYOUTRUSTの共同創業者は、私が新卒で入社したDeNAの同期でもあります。同期のように、「定期的に会ってベタベタとつるむ訳ではないけれど、いざというときに助けてくれる仲間」はとても貴重です。だから堀内には「同期がいる会社に入ってつながりをつくってほしい」という想いがありました。 

そんなある日、彼女が内定していた大企業を辞退して「アルバイトでもいいからYOUTRUSTで働かせてほしい!」という話をしてくれたんです。そのことが本当に嬉しくて、正社員として採用しました。私も覚悟を決めたというか。そして「堀内が入社してくれるなら、何としてでも仲間をつくってあげたい」と強く思いました。そこで彼女を紹介して、みなさんに彼女と仲間になってほしいという想いをまとめたブログを書いたんです。

――堀内さんの決意と岩崎さんの愛が伝わるとても良い記事でした…。

岩崎氏:ありがたいことに多くの反響がありました。その中で、仲良くさせていただいていたお客さまが「じゃあ一緒に入社式をやりませんか?」とお声がけくださって。ちょうどそのとき連絡を取り合っていた、学生時代からの友人でもあるHERPの庄田さんに「一緒にやる?」と誘ったんですよ。

――そのとき、HERP社の新卒社員にも同期はいなかったのでしょうか? 

庄田氏:弊社では2019年卒の新卒社員として3名が入社しました。新卒採用そのものは2017年の1期目から行っています。

――すでに同期がいらっしゃる中で、今回の合同入社式に参加された理由を教えてください。

庄田氏:合同入社式に参加することで、組織としても、学びがあると思ったからです。1社目がスタートアップというキャリアを突き進んでいくには、強い責任感が求められます。社内を見てもそれぞれのポジションが1〜2名ずつくらいしかいませんし、今の仕組みがベストプラクティス(最善の方法)なのかもわからない。そこで他のスタートアップの人たちがどのような仕組みで組織を運営しているのか、合同入社式の交流を通じて知ることができる今回の機会は、とても貴重な場だと思いました。

そしてやはり、同期という存在が自分自身のまわりに大勢いることの価値を新卒メンバーにも体感してほしかったんです。僕が新卒で入社したリクルートでは同期が180人いて、その間で仕事にまつわる情報交換が活発に行われていました。新卒は体力的にももっとも活発に働ける時期だと思います。社内外問わず、さまざまな思考を持つ仲間とつながって、いろんな角度から刺激を受けた方が良い。

YOUTRUST社と同様、HERPも以前の同期に支えられている面が非常に大きいんですよね。ですから、新卒社員として入社してくるメンバーにもそのような関係をより多くつくってあげたいと考えました。

――ちなみにお2人は新卒社員にどのような期待を持っていますか?スタートアップでは即戦力を求めて中途採用に注力するケースが一般的に多いと思いますが…。

庄田氏:新卒メンバーも組織にとって十分に即戦力なんです。これは僕が日頃から感じていることでもあります。「一から全て教育しなければいけない」という心配はあまりしていません。むしろ彼らは「今何をするべきか?」と自ら考えて行動に移してくれます。その上で、僕が新卒に求めるものは一人ひとり違います。スタートアップでは社員一人の持つ影響力が大きいので、「あの子にはぜひこんな風に頑張ってほしい」という個々への想いがあります。そして、共通して言えるのは「会社をつくるというプロセスで、一緒に頑張ってほしい」という期待を持っていることですね。

岩崎氏:私も新卒は即戦力だと思っています。一人前の社員としてバリバリ仕事をしてもらっていますし、スキルも十分足りている。では、なぜ中途ではなく新卒を採るのか?それは、新卒の子たちが「知らない」という強さを持っているからです。スタートアップはそれまで誰も踏み込んだことのない領域を攻めるので、必ずしも過去の経験がポジティブに働くとは限りません。「過去にこのような施策を打って失敗したので、やめましょう」と行動の足枷になったり、思考を固めたり、思い込みの壁をつくったりする場合があります。だからこそ「知らない」「新しいものに対して抵抗がない」というのは大きな強みなんですよ。そのような新卒の子たちがつながっただけでも、今回の合同入社式の価値はあったのではないかと思います。


続きはパーソルキャリアが運営する「ダイレクト・ソーシング ジャーナル」で


公式アカウントをフォローして
記事をチェックしよう

この記事を書いた人

ダイレクト・ソーシング ジャーナル編集部

「ダイレクト・ソーシング ジャーナル」は、パーソルキャリア株式会社が運営する、採用手法トレンドやハウツー、ナレッジを発信し、人事・採用担当者に『自社採用力』を高めていただくことを目的にしたdodaの採用メディアです。

採用成功の変数が高まる時代に必要な「人事・現場・経営」のコミュニケーションとは

次回更新をお待ち下さい。

常に同じ熱量で自社の魅力を伝えられる “動画”は採用のスタンダードになるのか

これ以前の投稿はありません。

関連記事

トピックス for 人事ページに戻る