アンガーマネジメント

アンガーマネジメントとは、怒りの感情とうまく付き合い、怒る必要のあることには怒り、怒る必要のないことには怒らないようにするための心理教育、心理トレーニングのことです。アンガーマネジメントは職業、年齢、性別に関係なく学ぶことができ、企業研修、医療福祉、青少年教育、アスリートのメンタルトレーニングなど幅広い分野で活用が進んでいます。

アンガーマネジメントの研修では、怒りの感情の正体を紐解き、自分の怒りがどこから来ているのかについて考えます。人は怒るとき、「ある事象や、人が自分を怒らせた」と考えがちですが、実際は自分の中にある「~べき」と、その事象や人の行動が相反するときに、怒りが生まれます。その上で、怒りの感情をコントロールするためのテクニックや、叱り方、叱られ方について学びます。


アンガーマネジメントの活かし方。正しく叱れる社員を増やし、組織を成長させる


アンガーマネジメントの背景

アンガーマネジメントは、1970年代のアメリカで心理教育の一種として誕生しました。当初は犯罪者のための矯正プログラムとして活用されていましたが、その後、時代とともに一般化し、幅広い分野で活用されるようになりました。

近年、日本でも職場の人間関係のトラブルやパワハラの増加を背景に、大企業を中心にアンガーマネジメントを研修に取り入れるところが増えています。アンガーマネジメント研修を通して、信頼されるリーダーの育成、パワハラ防止、社員のコミュニケーション力向上、メンタルヘルスの推進などに効果を上げることが期待されています。


アンガーマネジメントの具体的なテクニック

6秒ルール

人間の怒りのピークは6秒と言われています。

6秒待つことができれば、衝動的な言動を抑え、冷静に物事を判断できるようになります。6秒をやり過ごす具体手な方法としては、頭のなかで「数を数える」などが効果的と言われています。

「~するべき」の境界線を理解し、広げる

先に述べたように、「~するべき」のような自分の常識や価値観と他人の考えが異なるとき、人は怒りを感じる傾向にあります。
自分の中の怒りにつながる、どんな「~べき」があるのかを把握し、許容可能な範囲の境界線を広げていくトレーニングが重要です。

「自分と価値観が同じ」「自分と価値観が違う」の2択ではなく、その間に「違うが、許容できる」という分類を作ることで、怒りにつながることが減ります。


企業研修にアンガーマネジメントを取り入れる3つのメリット

1.多様な考えや価値観を柔軟に受け入れられる

昨今、企業で人のダイバーシティが高まり、異なる文化や価値観を持つ社員が増える中で、職場での良好な人間関係のいかに構築するかが課題になっています。アンガーマネジメントを学ぶことで、自分の常識や価値観、理想が絶対ではないことを知り、多様な考えや価値観を柔軟に受け入れられるようになります。

2.職場全体のモチベーション低下やトラブルを防げる

上司が部下に感情に任せて怒鳴ると、怒られた部下だけでなく、職場全体が萎縮して、働くモチベーションが落ちてしまいます。職場全体が緊張状態にあると小さなミスがトラブルに発展する可能性もあります。アンガーマネジメントを学ぶことで、部下を冷静かつ適切に叱れるようになり、部下の成長につながる上、職場のモチベーションの低下を防げます。

3.生産性の向上につながる

米国フロリダ州立大学の研究によると、威圧的な上司を持つ部下は、そうでない部下よりも、業務遂行の能力が24%も低いという結果が出ています。上司がアンガーマネジメントを学び、働きやすい職場環境を整えることで、部下を含む職場全体の生産性の向上が期待できます。


アンガーマネジメントの実践課題

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会の調査によると、入社後3年以内に辞めた新卒社員の50%以上が上司との「コミュニケーション不足」が離職の原因としており、「上司との良好な関係」や「(上司の)適切な叱り方」があれば退職を回避できたと回答しています。

なお、怒りの感情をコントロールできずに怒ることが問題になる一方、コンプライアンスに対する意識が高い傾向にある大企業では、制度がしっかりとしているからこそ、「適切に叱れない(怒れない)」管理職が増えており、アンガーマネジメントに、「上手な叱り方」の習得を期待する企業も増えています。

自社の傾向や課題を把握した上で、アンガーマネジメントの活用方法を考えたいものです。

アンガーマネジメント研修を請け負う企業も増えてきています。そのような企業に委託してアンガーマネジメントの研修を実施する場合は、管理者向け、新入社員向け、パワハラ防止、コミュニケーション改善などの目的別に、どの会社のどのような研修・講座を取り入れるかを決める必要があります。


公式アカウントをフォローして
記事をチェックしよう

この記事を書いた人

hutas編集部

「hutas」はパーソルキャリアが運営する、初心者・兼任人事をはじめとして、人事業務を理解したい人のために、わかりやすく、業務に使える情報をお届けするメディアです。

ワールドカフェ

次回更新をお待ち下さい。

これ以前の投稿はありません。

人事必修ワード(人材育成・組織開発)一覧ページに戻る