福利厚生

福利厚生により、働くモチベーションを向上させ
離職の防止・採用のフックにつなげる

福利厚生

目次

  1. 1. 福利厚生の意味と目的

  2. 2. 福利厚生の種類

福利厚生の意味と目的

社会保障の意味合いを持つ法定福利厚生と、各社独自に設ける法定外福利厚生

福利厚生という言葉は、ほぼ会社の福利厚生制度などについて話す場合にしか使われないため、そもそもの言葉の意味すらつかみにくいかもしれません。辞書を引くと、福利は「幸福と利益」、厚生は「人間の生活を健康な豊かなものにすること」とあります。

会社にとって福利厚生の直接的な意義は、従業員の生活基盤の安定を図り、より豊かな暮らしを送れるようにすることだといえます。さらにその先に何を企図しているかというと、福利厚生を充実させることによって、従業員の会社への貢献意欲を高めること、働くモチベーションや生産性の向上、離職の防止などが挙げられるでしょう。

最近では、ユニークな福利厚生を人材採用のフックにするケースも出てきています。

福利厚生には報酬の一形態という側面もあります。会社が従業員に支払う報酬には、現金給与と付加給与があり、付加給与は福利厚生と退職金等で構成されるという考え方によるものです。

福利厚生の内容は、法律によって企業に義務づけられている「法定福利厚生」と、それぞれの企業が独自にその裁量で行う「法定外福利厚生」があります。

法定福利厚生とは、会社による社会保険料負担のことだと考えてよいでしょう。そのほかに、児童手当拠出金なども、法定福利厚生の一つです。この場合の福利厚生は公的な社会保障の意義を帯びており、従業員および家族の生活の安定を図るものという位置づけになるでしょう。

法定外福利厚生は、それぞれの会社が任意に企画するものですから、企業によってさまざまなものがあります。よくある法定外福利厚生としては、社宅、住宅手当・家賃補助、社員食堂などですが、社会保障的なものから、より生活を豊かにするものまで多彩な福利厚生制度・施策が見られます。


福利厚生の種類

コストを抑えつつ、多様化する福利厚生へのニーズに対応する

会社の福利厚生は多彩ですが、以下のように分類することができます。

住宅関連 社宅、独身寮、持ち家支援制度
医療・ヘルスケア関連 人間ドック補助、ワクチン接種、禁煙対策
食事関連 社員食堂、食事券支給、弁当の購入補助
慶弔・災害関連 慶事の祝金、弔事・災害時の見舞金など
育児・介護支援関連 育児休暇、介護休暇、託児所、育児補助
文化・体育・レクリエーション関連 部活動補助、書籍購入補助、社内イベント実施
自己啓発・能力開発関連 通信教育・通学支援、資格取得支援、リフレッシュ休暇
財産形成関連 財形貯蓄制度、確定拠出年金、社内預金、従業員持株会

従来の会社の福利厚生には、結婚や住宅取得など、ライフステージに合わせて従業員の生活を支援することが大きな目的としてありました。しかし1990年代に入り、社有の社宅や保養所などは維持費の負担感が大きくなってきたため、福利厚生施策を見直す動きが広がりました。 

また、従業員の側を見ると、福利厚生よりも現金給与を求める傾向が見えるようになったことや、福利厚生の内容へのニーズが多様化してきたことを踏まえ、会社はそうした変化への対応が課題となりました。

その流れの一環で、従業員が、福利厚生メニューの中から利用したいものを一定の制限の中で選べる「カフェテリア・プラン」を導入する会社も増えてきており、会社が抱える福利厚生に関する課題解決に一役買っています。

さらに、福利厚生(代行)サービスを提供する会社にアウトソースする会社も出てきました。会社は福利厚生サービス会社と契約することで、従業員は多彩な施設やサービスの中から好きなものを選んで、特別料金や特典付きで利用できるようになります。また人事担当者も、施設の管理や外部サービスとの契約管理の手間から解放されるため、利用する会社は増えつつあります。

まとめ

福利厚生には、社会保障の一端を担う側面と、従業員への報酬の一形態という側面があります。法定外福利厚生は会社が自由に設けられるため、人事のアイデア次第で人材採用の際のアピール材料にすることもできますし、離職率を下げる、能力開発に役立てるなど、人事の諸課題の解決の糸口にもなりえます。


公式アカウントをフォローして
記事をチェックしよう

この記事を書いた人

hutas編集部

「hutas」はパーソルキャリアが運営する、初心者・兼任人事をはじめとして、人事業務を理解したい人のために、わかりやすく、業務に使える情報をお届けするメディアです。

給与体系(賃金体系)・賃金規則の策定

次回更新をお待ち下さい。

これ以前の投稿はありません。

関連記事

給与・社保・福利厚生ページに戻る